« ドイツとドイツ語・情熱の旅路 | トップページ | BRDへの情熱 »

2017年6月24日 (土)

ドイツ文化とドイツ・簡易さと困難

ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツ連邦共和国通信局

« ドイツとドイツ語・情熱の旅路 | トップページ | BRDへの情熱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/70949763

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・簡易さと困難:

« ドイツとドイツ語・情熱の旅路 | トップページ | BRDへの情熱 »

無料ブログはココログ