« BRDへの情熱 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・享楽の次元 »

2017年6月28日 (水)

ドイツとドイツ語・攻め方

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ連邦共和国通信局

« BRDへの情熱 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・享楽の次元 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/70984160

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・攻め方:

« BRDへの情熱 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・享楽の次元 »

無料ブログはココログ