« ドイツ文化・遥かなる哀愁 | トップページ | ドイツ連邦共和国・旅路はるか »

2017年7月28日 (金)

ドイツとドイツ語・希望への道筋 II

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ文化・遥かなる哀愁 | トップページ | ドイツ連邦共和国・旅路はるか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/71264090

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・希望への道筋 II:

« ドイツ文化・遥かなる哀愁 | トップページ | ドイツ連邦共和国・旅路はるか »

無料ブログはココログ