« ドイツとドイツ語・希望への道筋 II | トップページ | Deutschland・青春の光と影 II »

2017年7月31日 (月)

ドイツ連邦共和国・旅路はるか

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツとドイツ語・希望への道筋 II | トップページ | Deutschland・青春の光と影 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/71287412

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・旅路はるか:

« ドイツとドイツ語・希望への道筋 II | トップページ | Deutschland・青春の光と影 II »

無料ブログはココログ