« ドイツとドイツ語・攻め方 | トップページ | ドイツ文化・明日への旅立ち II »

2017年7月 1日 (土)

ドイツ語とドイツ文化・享楽の次元

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅の想い出としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツとドイツ語・攻め方 | トップページ | ドイツ文化・明日への旅立ち II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/71014147

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・享楽の次元:

« ドイツとドイツ語・攻め方 | トップページ | ドイツ文化・明日への旅立ち II »

無料ブログはココログ