« ドイツ連邦共和国・旅路はるか | トップページ | Deutschland・瞬発と持続 »

2017年8月 2日 (水)

Deutschland・青春の光と影 II

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツ連邦共和国・旅路はるか | トップページ | Deutschland・瞬発と持続 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/71310040

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・青春の光と影 II:

« ドイツ連邦共和国・旅路はるか | トップページ | Deutschland・瞬発と持続 »

無料ブログはココログ