« ドイツ語・攻め方 | トップページ | ドイツ連邦共和国・ヨーロッパの哀愁 II »

2017年8月 6日 (日)

ドイツ文化とドイツ・不思議浪漫

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の想い出としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ語・攻め方 | トップページ | ドイツ連邦共和国・ヨーロッパの哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119773/71343220

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・不思議浪漫:

« ドイツ語・攻め方 | トップページ | ドイツ連邦共和国・ヨーロッパの哀愁 II »

無料ブログはココログ